【試験】オンラインバンドセッションにつきまして

AQUARIUS Project JAPANでは、遠距離同士の楽器セッションの試験を行います。

ネット会議システムを利用し、演奏出来るかどうかの試験となります。

結果により、大阪(近畿圏)と東京(首都圏)を結んでバンドセッションが可能となります。

さらに実用化すれば、ライブハウスやライブバー、イベントなどで活躍が期待されます。

問題点としては

  1. 通信による音質
  2. 通信による遅延
  3. 通信時間とパケット量の制限問題
  4. ハウリング対策

この4つの調査、試験を積み重ねながら、実用化へ向け進んで参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください