あれから25年 神戸

今日は、阪神淡路大震災から25年

追悼の集いへ行ってきました。

震災の当時わたくしは21歳

音楽生活もまだ2年の超未熟者

そして、学生アルバイター

仕事の支度中に震災に遭いました。

大きな揺れの中、見下げると、階段がうねっていました。

このまま地球が沈没!?

このまま死んでしまうことも覚悟していました。

今の計測では大阪(全域)でも震度6弱はあったでしょう。

あの時は正直申しまして怖かった記憶が強かったですね。

その後の神戸、西宮、芦屋、淡路島はどうなるのかが心配でしたが

見違えるような復興の速さ

しかし、当時は「神戸」は再開発によって変わってしまった悔しさもあるようです。

あれから25年

亡くなられた方々の分も走り続けなければならないのです。

あの頃はヤンチャでしたが、今はアラフィフ

これからもずっと

神戸もずっと

走り続けるのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください